内子 歴史的街並

内子の歴史的街並は八日市・護国寺伝統的建造物群保存地区に集中的に残っている。昔の街道沿いである。
P9131837
P9131837 posted by (C)オトジマ

P9131839
P9131839 posted by (C)オトジマ

P9131847
P9131847 posted by (C)オトジマ

P9131854
P9131854 posted by (C)オトジマ

P9131858
P9131858 posted by (C)オトジマ

P9131859
P9131859 posted by (C)オトジマ

ひときわ立派な建物が本芳賀邸である。蝋の生産で財を成した。芳賀家は分家に分家を重ね、十数家あるそうだ。そのなかの一番の本家と言う意味で本芳賀と呼ばれる。近所に中芳賀邸、上芳賀邸、街中に下芳賀邸がある。残念ながらこの建物は中を見れない。
P9131867
P9131867 posted by (C)オトジマ

P9131866
P9131866 posted by (C)オトジマ

緻密な亀の漆喰細工
P9131869
P9131869 posted by (C)オトジマ

P9131872
P9131872 posted by (C)オトジマ

彩色された美しい鶴の漆喰細工
P9131876
P9131876 posted by (C)オトジマ

庭園の一部は見る事ができる。家屋内部も公開して欲しい。分家の方は公開されている。
P9131874
P9131874 posted by (C)オトジマ

P9131880
P9131880 posted by (C)オトジマ

P9131879
P9131879 posted by (C)オトジマ

P9131884
P9131884 posted by (C)オトジマ

こんな土壁のむき出しがあるとリアリティがある。修復前は町中こんな壁だらけだったはず。つまり現状は美しすぎるのである。
P9131887
P9131887 posted by (C)オトジマ

ここらはアスファルト舗装
P9131961
P9131961 posted by (C)オトジマ

P9131972
P9131972 posted by (C)オトジマ

きれいに整備されている小路。キレイすぎるかな。
P9131976
P9131976 posted by (C)オトジマ

こんな石が多く使われている
P9131975
P9131975 posted by (C)オトジマ

ここからは別の通りの商店街。ここには昭和の香りがただよう別のレトロがある。
これは芳賀一族の下芳賀。料理屋さんで現在も営業している。
P9131997
P9131997 posted by (C)オトジマ

なぜにイギリスの旗??
P9131995
P9131995 posted by (C)オトジマ

商いと暮らし博物館
P9132003
P9132003 posted by (C)オトジマ

クスリ屋の店先のようだ。
P9132001
P9132001 posted by (C)オトジマ

これまたレトロ感横溢。商店の木製の引き戸はもう見かけない。毛糸屋が成り立つのかな?
P9132004
P9132004 posted by (C)オトジマ

P9132005
P9132005 posted by (C)オトジマ

P9132007
P9132007 posted by (C)オトジマ

本当は古い建物だが、残念ながら化粧直しをして新品同様に見える。
P9132011
P9132011 posted by (C)オトジマ

さすがにこの金物店は営業していないようだ。
P9132013
P9132013 posted by (C)オトジマ

壊さないで欲しいな
P9132014
P9132014 posted by (C)オトジマ

内子の主要産業であった蝋に関しては次回ポストで詳しく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR