室津 上関

柳井市に隣接して上関町(かみのせき)がある。中国電力の原発立地騒動で有名になった。
室津半島先端に室津という小さな港、狭い海峡をはさんで対岸の長島に上関という港があり、上関町役場はそこにある。

2genpatu-
2genpatu- posted by (C)オトジマ

建築史家で建築家の藤森照信氏の本に「建築探偵神出鬼没」という本があり、全国の面白い古建築が紹介されている。その中に室津の「四階楼」というのがあった。せっかく柳井まで来たのでちょっと足を延ばしてみた。

名前のとおり4階建て。うれしいことに入館無料。係りの女性が懇切に案内してくれた。あまり来客がないようだ。
P1013700
P1013700 posted by (C)オトジマ

そう大きな建物ではない。珍奇な形でもない。事前に知っていないとうっかり見過して通ってしまうかも。
P1013701
P1013701 posted by (C)オトジマ

藤森氏が来たのはたぶん20年以上前だろう。その当時は四階荘という旅館だったそうだ。その後、建物は町に寄付され、改修された後に上関町郷土史学習館として公開されている。国の重文。
明治12年に地元の有力者、小方謙九郎によって建てられた。130年は経過している古い建物である。明治初期の文明開化期、目立ちたい一心で高層の洋館風の建物を造りたかったんだろう、と藤森氏は述べている。洋館、とはいいながら、地元の大工や職人が見よう見真似で洋館風に擬しただけ、ともいえる。
P1013702
P1013702 posted by (C)オトジマ

内部はほとんど和風建築。しっくい細工があちこちにある。
P1013699
P1013699 posted by (C)オトジマ

二階の窓。
P1013688
P1013688 posted by (C)オトジマ

壁の漆喰細工。
P1013689
P1013689 posted by (C)オトジマ

天井の隅にもしっくい細工
P1013690
P1013690 posted by (C)オトジマ

P1013691
P1013691 posted by (C)オトジマ

最上階の4階は壁がない18畳の大広間になっている。この色ガラスがすごい。あまり品がよろしくはないが、この建物に彩を添えて楽しくしている。ラブホを連想したが、係りの女性は「昔のカラオケ店のよう」と形容していた。
P1013692
P1013692 posted by (C)オトジマ

モンドリアンにも見える。明治初期の田舎大工のセンス。今の田舎大工よりずっとマシかも。
P1013695
P1013695 posted by (C)オトジマ

天井には鳳凰のしっくい細工。昔は黄金色だったらしい。
P1013693
P1013693 posted by (C)オトジマ

窓から目の前に巨大な建物が建設中。道の駅だそうだ。せっかくの四階楼から海が見えなくなる。
P1013696
P1013696 posted by (C)オトジマ

古い建物を見ると必然的に必ず厠も見ることになる。これは平成になって修復されたものだろう。
P1013686
P1013686 posted by (C)オトジマ

P1013687
P1013687 posted by (C)オトジマ

基本的に4階で4部屋だからあっという間に見終わる。

せっかくだから対岸の上関の町も歩いてみた。

上関町役場のある通りは古い町並みとなっているが、特に対策を講じて保存しているわけでもないようだ。
P1013704
P1013704 posted by (C)オトジマ

キタナイといえばそれまでだが、見物する者からするといい味出してます。
P1013705
P1013705 posted by (C)オトジマ

新建材ではなく、板張り、ペンキ塗りがレトロ感を出す。
P1013707
P1013707 posted by (C)オトジマ

この建物が観光パンフレットに載っている。アルミサッシになっている。
P1013709
P1013709 posted by (C)オトジマ

P1013710
P1013710 posted by (C)オトジマ

P1013712
P1013712 posted by (C)オトジマ

P1013713
P1013713 posted by (C)オトジマ

向こう岸が本州側の室津。
P1013714
P1013714 posted by (C)オトジマ

対岸は室津半島であの山のむこうに柳井がある
P1013716
P1013716 posted by (C)オトジマ

上関町役場はこの古びた通りにひっそりと立つ古びた建物。玄関には古びた看板が・・・。
まだ「原発推進」の看板は下ろしていない。看板があるかぎりは交付金が下りるんだろうな。
P1013708
P1013708 posted by (C)オトジマ

島の西端にある原発立地予定地。工事はある程度進んでいたが、2011年3月の福島原発事故を契機として工事は中断し、まだ埋め立てには着手できてないようだ。
genpatu-1
genpatu-1 posted by (C)オトジマ

本土の室津とはこの上関大橋でつながる。
P1013717
P1013717 posted by (C)オトジマ

上関大橋のたもとに温泉「鳩子の湯」がある。えらく立派な施設である。
P1013718
P1013718 posted by (C)オトジマ

よーく見ると・・・・
P1013719
P1013719 posted by (C)オトジマ

原発マネーのようだ

大変立派な温泉だ。大勢の町民で賑わっていた。
P1013723
P1013723 posted by (C)オトジマ

鳩子の湯から外を見る。あまり景色はよくない。対岸が上関の港
P1013722
P1013722 posted by (C)オトジマ

室津を後にして帰路につく。ちょうど夕日が瀬戸内海に沈む時。太平洋岸に暮らしていると海に沈む夕日は珍しく感じる。
P1013727
P1013727 posted by (C)オトジマ

瀬戸内海を見ると、思わず小柳ルミコの「瀬戸の花嫁:をつい口ずさんでしまうのは世代のせいか。夕景を見ればなおさら、「瀬戸は♪日暮れて♪夕波小波♪・・・」と出てくる。だれだったかな、うろ覚えだがブームの宮沢だったかブラジルで現地日系人の集まりで少女が「瀬戸の花嫁」を歌うのを聞いて思わず涙した、というエピソードを聞いたことがある。異郷で聞くと突然郷愁を誘われる、ということか。

Youtubeを見ていたらブラジルの子どもタレント発掘番組で8歳の日系人少女が歌ってた。おしゃべりの幼さに似ず歌は大人びている。さて皆さん、涙が出るかな?


私は知らなかったのだが、このメリッサ・クニヨシちゃんは日本でもテレビ局に呼ばれて評判になったらしい。Yotubeに2年前の画像がいろいろあるので興味ある方はチェックして欲しい。ブラジルではこの番組からJotta。Aという少年がスターになっているが、他にも歌のうまい子供がウジャウジャいるようだ。オマケにメリッサちゃんのハナミズキ。


タイラ・カレンちゃんもめちゃうまい。沖縄系移民の子孫は歌がうまいようだ。メリッサちゃんと競演。


ジャスミン・ヤマシタちゃんもうまいぞ。ジブリ映画「おもひでぽろぽろ」劇中歌。元歌はベット・ミドラーのローズ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

瀬戸内徘徊お疲れさまでした。
じなしの国東半島から祝島先の原発予定地はすぐそこです。その祝島とは国指定無形文化財「神舞」行事で長いつながりがあっています。「お種戻し」と言われ、祝島から毎年お礼の麦がじなし町の伊美別宮社へ奉納されています。
国も県も中国電力もいい加減に目覚めてほしいですね。
トトロさんの指摘する歴史的ないいものを活用するまちづくりに舵をきってほしいです。
地方創世省に期待しても選挙目当てだけなのでしょうね・・・。

No title

追伸~
 ブラジル?少女の唄聞きました。   ・・・上手い!

じなしさんへ

山口県というと遠い気がしてましたが、国東半島からすぐそこですね。上関も近いが伊方も近いですね。上関はどうやら沙汰止みになりそうで幸いでした。ブラジル少女の歌には聞きほれますね。Yutubeにいろいろ出てます。大人のうまいのはなんとも思いませんが子供の美声にはやられてしまいます。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR