椎葉

椎葉に行くのは30年ぶり。妻は40年ぶりだとか。諸塚までは幾度も行くが、その先は遠い。しかし、走ってみると道路改良が進んで塚原~椎葉間は30分しかかからなかった。現在は日向~椎葉間1時間半くらいか。

とりあえずは鶴富屋敷へ。記憶がおぼろだが、私は初めて来るような気がする。
PA260497
PA260497 posted by (C)オトジマ

PA260498
PA260498 posted by (C)オトジマ

PA260474
PA260474 posted by (C)オトジマ

BS朝日、「にほん風景物語」から。高橋源一郎が訪れたところ。
PA260523e
PA260523e posted by (C)オトジマ

料金所のおばあさんの言によれば、昔はこんな屋敷がいくつもあったが大火で燃えてしまい、ここだけが残ったという。
PA260495
PA260495 posted by (C)オトジマ

椎葉中心街は大土木工事の果てにまったく近代的人工的な景観になっているが、この建物だけが昔風。やはり周囲を含めて歴史的景観にして欲しいところ。この建物だけで椎葉観光を背負っているのであるが、いささか重荷では・・・
PA260485
PA260485 posted by (C)オトジマ

家財道具は置いてないのでガランとしている。
PA260476
PA260476 posted by (C)オトジマ


PA260477
PA260477 posted by (C)オトジマ

PA260478
PA260478 posted by (C)オトジマ

天井のないところはカヤ葺きのウラが見える。昭和38年に葺き替えられたおりに表面が銅板葺きになった。
PA260482
PA260482 posted by (C)オトジマ

台所
PA260487
PA260487 posted by (C)オトジマ



鶴富屋敷のある中心街から程近いところに上椎葉ダムがある。
PA260502
PA260502 posted by (C)オトジマ

昭和27年起工、30年完成とはすごい速さだ。今なら20年くらいかかるような大工事。昔は新幹線だろうが名神高速だろうが、ごく短期間で完工している。しかし、安全管理はいい加減だったのか、なんと109名の殉職者がいるのもすごい。
PA260515
PA260515 posted by (C)オトジマ

堤体の上は車道になっていて2t未満の車が通れる。実質観光客用。けっこう幅広い。
PA260507
PA260507 posted by (C)オトジマ

巨大はダム湖。
PA260506
PA260506 posted by (C)オトジマ

下流側。
PA260513
PA260513 posted by (C)オトジマ

巨大なコンクリートの壁。これが戦後間もない60年前の工事とは思えないくらいすごい。
PA260503
PA260503 posted by (C)オトジマ

真下を見ると怖い。堤高110m! 
PA260504
PA260504 posted by (C)オトジマ

これを「洪水吐き」というそうだ。真上から見ている。
PA260512
PA260512 posted by (C)オトジマ

このダムの建設経過の記録映画については以前に書いたのでコチラを参照。

記録映画はYoutubeにアップロードしている。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR