サルギカイ

最近、当ブログへのアクセスが多くなっている。その検索キーワードは「かくかくしかじか」と「サルギカイ」である。

地元局のUMKの先週の「ジャガジャガサタデー」ではかつて延岡に存在したという「サルギカイ」について扱った。南延岡駅周辺の人々にインタビューして「サルギカイ」という不思議な言葉のナゾをさぐるという仕立て。笑ったのは延岡高校の若い教諭の「サルたちが集まって議会を開いた」という解釈。

以下は番組からのスクリーンショット。
南延岡駅前で歩くUMKレポーター
P4101086s.jpg

実はUMKから私に「サルギカイ」すなわち索道について事前に情報提供依頼の問い合わせが来ていた。延岡~椎葉間の長距離索道については私も昨年ブログに書いた以上の情報は持っていないので、長年九電に勤務し、たまたま南延岡の索道の真下にあたる場所に住んでいるイトコを紹介しておいた。火宮氏は県選管委員長や延岡の公民館連合会長などを務めた名士でもあるのでちょうどよかろう、ということで。 -----火宮氏がサルギカイについて説明している。
P4101087s.jpg

レポーターが自作のジオラマを作って索道の説明をしている。
P4101088s.jpg

延岡~椎葉間の長距離索道について詳しくは私の以前のポストを参照。
写真は愛宕山を背景とした索道。
上椎葉ダム建設記録 その4.wmv_000452118

UMK番組でも流れた九電の記録映像


すでに延岡でもかなりの高齢者でないと覚えていない事柄であるが、ぜひ広く知られて欲しいものだ。索道の復活は困難だろうが資料の収集くらいはできるのではないか。市史に詳しく書いて欲しい。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR