思い出のマーニー in タイ

時々ここにコメントをくれるタイのドリアンガン(ハンドルネーム)がタイの映画館の写真を送ってくれた。

昨年の夏、日本で公開された「思い出にマーニー」が4月にバンコクで公開されたという。昨年「かぐや姫の物語」が公開されたのと同じスカラ座である。以下は映画館の様子。
ba-01a__SCALA-Front1__DAY.jpg

夜の様子。「思い出のカーニー」は「When Marnie was there」という英語の原題で表示されている。
ba-01b__SCALA-Front1__NIGHT.jpg

立派な映画館である。スクリーンは一つしかないらしい。今流行のシネマコンプレックスではない。
bb-01__SCALA-Entrance.jpg

入場料は100か~140バーツ。日本円では300円から400円というところか。日本の感覚からすると安いが、タイの所得水準はおおむね日本の4分の1くらいらしいから、同じくらいの水準か。
bb-02__Screening.jpg

bb-03__Billboard1.jpg

bd-03__PR-Booths3.jpg

原作本。映画公開にあわせて発行されたようだ。
bc-01__Novel-Tickets.jpg

映画終了後ドッと観客が出てくる。観客の入りは良さそうだ。経済発展著しいタイも先進国化しつつあり、ジブリ作品のような小難しい映画でも見る人が増えたのだろう。10年ほど前に、私は国際的なジブリファンのネット上のフォーラムに参加していたが、あの頃アジア諸国でジブリファンがいるのはホンコンやシンガポールくらいだった覚えがある。
be-01__After-Movie-end.jpg

私は知らなくて、このドリアンガンから教えられたのであるが、「マーニー」を監督した米林宏昌は去年この映画を終えた後にジブリを退社していたらしい。詳しい事情は知らないが、当時、ジブリは次の作品の予定がない、という状況らしかったのでフリーになったのではないか。ジブリでは有能な人はあえて肩たたきをして退社させ、ジブリ作品で必要な時にはフリーの立場で参加させる傾向があるようだ。背景画で有名な男鹿和雄も早くに退社しているが、その後のジブリ作品ではほとんど参加しているし、「かぐや姫」では美術監督をしている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

When I Was There.

Thanks for sharing 「思い出にマーニー」 in Thai :)

I read a forum about someone seeing movie in Japan. He saw a movie at TOEI cinemas in Shibuya with 1800 Yen-ticket.
Is it a standard price in Tokyo? How much does the ticket cost in the other places (such as Kyushu ^^)?

Re: When I Was There.

写真をありがとう。
yeah, 1800yen is usual fee everywhere in Japan.
Not cheep for me.They serve some discount fee for senior,kids,female...
I often use senior fee--1000yen.I'm over 60.

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR