新しき村

木城の小丸川、石河内発電所のすぐ下流に「新しき村」がある。いや、あった、というべきか。

「日向 新しき村」の石碑。実篤の署名がある。
P5211929
P5211929 posted by (C)オトジマ

ウィキペディアによれば-----
武者小路実篤とその同志により、理想郷を目指して1918年(大正7年)宮崎県児湯郡木城町に開村された。
1938年(昭和13年)にダムの建設により農地が水没することになったため、1939年(昭和14年)に一部が現在の位置(埼玉県にある「東の村」)に移転し、残りは日向新しき村(ひゅうがあたらしきむら)として存続した。


およそ100年前の話である。いかに武者小路実篤の理想が素晴らしくてもそうそう長続きするものではない。しかもここは山間の僻地である。100年前には東京からの時間距離はとんでもなく遠かっただろう。現在では2戸が農業をしているらしい。

ステキな並木道がある。
P5211966
P5211966 posted by (C)オトジマ

こんな感じ。
P5211960
P5211960 posted by (C)オトジマ

茶畑のなかでブタが放し飼い。ブタは楽しそうに暮らしている。
P5211938
P5211938 posted by (C)オトジマ

そのブタたちをこの「無心」の石碑が見守っている。実篤の署名。
P5211940
P5211940 posted by (C)オトジマ

「新しき村」の資料館がある。
P5211936
P5211936 posted by (C)オトジマ

無人である。
P5211956
P5211956 posted by (C)オトジマ

P5211958
P5211958 posted by (C)オトジマ

ひところ武者小路実篤の野菜の色紙が流行ったことがあったっけ。
P5211952
P5211952 posted by (C)オトジマ

昔の写真がある。どれが武者小路なのかよくわからん。後列左から4人目らしい。若者が多い。
P5211942
P5211942 posted by (C)オトジマ

これだと左端だとわかる。「新しき村」の一部がダム建設で水没するので補償交渉のために来たところらしい。
P5211947
P5211947 posted by (C)オトジマ

新しき村は小丸川が蛇行する巾着状のところにある。それは今も同じ。周囲に橋がないので不便。
P5211943
P5211943 posted by (C)オトジマ

いかんせん武者小路の小説を読んだ記憶がないので今ひとつ感慨がない。白樺派は文学史上の知識でしかない。そういえば「小説の神様」志賀直哉の作品も教科書で読んだ以外に読んでないなぁ・・・。

なんと県道に「友情トンネル」があった。変な名前のトンネルだなぁ、と気になって車を停めてみると・・・・・
P5211993
P5211993 posted by (C)オトジマ

やっぱり・・・・・。彼の代表作のタイトルだった。
P5211995
P5211995 posted by (C)オトジマ


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR