近江八幡

東京へは車で行った。帰途高速を降りて近江八幡に寄ってみた。近江八幡は「近江商人の故郷」が売りである。

昨今では近江商人という言葉をあまり聞かなくなったが、現代の大企業にも近江を発祥とするものは多々ある。伊藤忠・丸紅・トーメン・兼松などの総合商社、西武鉄道グループや武田薬品、ヤンマーなど。商業でも高島屋・大丸などの大手百貨店。そして鹿児島・宮崎の老舗地場百貨店の山形屋も近江商人だそうだ。知らなかったなぁ。

観光写真ではこの通りをよく見る。
e P6052422
e P6052422 posted by (C)オトジマ

春日八郎の「粋な黒塀見越しの松に~」というお富さんを思い出す。年寄りだけか?
P6052423
P6052423 posted by (C)オトジマ

P6052433
P6052433 posted by (C)オトジマ

琵琶湖から引き込んだ水路、八幡堀。かつては琵琶湖を行き来する商船が立ち寄った。
e P6052434
e P6052434 posted by (C)オトジマ

ここの堀も近代では利用されずにドブになっていたものを、近年住民が清掃活動をしてよみがえったとか。この時も川底を浚える作業をしている人々がいた。
e P6052441
e P6052441 posted by (C)オトジマ

e P6052470
e P6052470 posted by (C)オトジマ

P6052475
P6052475 posted by (C)オトジマ

白雲館。かつては八幡東小学校の建物。
e P6052461
e P6052461 posted by (C)オトジマ

P6052463
P6052463 posted by (C)オトジマ

日牟禮八幡社
P6052453
P6052453 posted by (C)オトジマ

e P6052523
e P6052523 posted by (C)オトジマ

夜目遠目傘のうち
P6052487
P6052487 posted by (C)オトジマ

ベンガラ格子
P6052476
P6052476 posted by (C)オトジマ

P6052485
P6052485 posted by (C)オトジマ

旧伴家住宅
P6052419
P6052419 posted by (C)オトジマ

郷土資料館
eP6052532
eP6052532 posted by (C)オトジマ

酒蔵
P6052489
P6052489 posted by (C)オトジマ

最近は近江八幡は建築家ヴォーリズの建築群が知られるようになった。市内にたくさん残っているようであるが、リサーチなしで立ち寄っただけなので見逃した。これはヴォーリズ記念館。閉まっていた。
P6052414
P6052414 posted by (C)オトジマ

ヴォーリズは設計事務所を開くとともに製薬会社の近江兄弟社を設立。かつてはメンソレータムでよく知られていた。現在はその商標権を失いメンタームとブランドを変えて製造販売している。町内には近江兄弟社関連の施設や学校が多い。一柳とはヴォーリズの日本名。
P6052413
P6052413 posted by (C)オトジマ

八幡郵便局跡。ヴォールズ設計。
P6052491
P6052491 posted by (C)オトジマ

P6052494
P6052494 posted by (C)オトジマ

大正時代の建物なのでボロボロ。ノスタルジーを感じる窓辺
P6052496
P6052496 posted by (C)オトジマ

二階。ほとんど修復されていないのでさすがにきたない。現在はヴォーリズ設計建築保存再生運動をするNPO法人「一粒の会」事務所。
e P6052505
e P6052505 posted by (C)オトジマ

これは1907年建築のアンドリュース記念館。アンドリューズはヴォーリズの友人。アンドリューズ死後遺族からの寄付で建築された。修復されているので新築に見える。
e P6052511
e P6052511 posted by (C)オトジマ

背面。
P6052516
P6052516 posted by (C)オトジマ

隣に教会があるが、これはヴォーリズではない。
P6052515
P6052515 posted by (C)オトジマ

日牟禮八幡社そばにあるクラブハリエ。これもヴォーリズ設計らしい。
P6052443
P6052443 posted by (C)オトジマ

レンガ塀が美しい。
P6052446
P6052446 posted by (C)オトジマ

滋賀・京都に残るヴォーリズ建築を見に再訪したいものだ。

現在あるヴォーリズ設計事務所のホームページはコチラ

コチラにヴォーリズ設計建築のリストがある。たくさんあるなぁ。

近江兄弟社、ヴォーリズについてはコチラ

芸術新潮を読んでいたらちょうど近江八幡にできた新しい施設が載っていた。和菓子舗「たねや」の「ラ コリーナ近江八幡」である。設計があの藤森照信氏なので見たかったが残念ながら次の機会。
la_collina_mainimage_summer.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

えっ!  クルマで上京したのですか?
いったい、何日、いくらかかったのでしょうか? 
まぁ 野暮ですが

ミワ君へ

驚いてはいけませんよ。12年もので事故で大破歴がある軽のワゴンRですよ! 前日に行きつけの自動車整備工場に行ったら、「まさか!」と驚いて「九州外には救援には行きませんからね!」と念を押されました。せめて坊主タイヤだけでも新しく交換しました。臼杵から四国八幡浜経由で走行距離2300km、ガソリン代2万円、高速代3万円、フェリー代2万円。二人で行ったのでまぁ、飛行機よりはやや安い、というくらいでしょうか。朝5時に出て、夜9時に東京着というペースでした。ウチの妻は高速では絶対に運転しませんからずっと私の運転。ミワ君のBMWならもっとラクに行ける筈ですよ。トライして見て下さい。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR