奈良 依水園

BS朝日の「百年名家」で依水園を見てからいずれ奈良に行く機会があれば是非行ってみたい、と思っていた。
大阪の娘のところに2泊するので迷わず奈良へ。関西は昔から私鉄が発達していて電車が便利であるが、今回はすべて車での移動。ナビ任せにして走ると意外に奈良は近くて早い。鉄道好きの私は電車は大好きだが齢のせいかすぐに足が棒になるので車は便利。

依水園は東大寺のすぐそばであるが裏通りにあるので人通りはあまり多くない。
P6062544
P6062544 posted by (C)オトジマ

入場料は900円と安くない。東大寺ですら500円だ。家族で行けば結構な出費だ。しかし結論的に言えば900円は決して高くなかった。
P6062550
P6062550 posted by (C)オトジマ

依水園は江戸時代から明治にかけて作られた庭園。コチラのホームページを参照。
sisuien s

依水園は3400坪あって、大きく二つの部分に分けられる。江戸時代に作られた前園と明治以降に作られた後園である。順路はまず前園から廻るようになっている。池を中心にして二つの建物が配置される。
P6062559 e
P6062559 e posted by (C)オトジマ

池を廻る道が美しく楽しい。お天気が今ひとつなので光量が不足。
P6062558
P6062558 posted by (C)オトジマ

苔が美しい。
P6062561
P6062561 posted by (C)オトジマ

三秀亭。
P6062557
P6062557 posted by (C)オトジマ

前園はややこじんまりしている
P6062563 e
P6062563 e posted by (C)オトジマ

中央の清秀庵、氷心亭をすり抜けて後園に向かう
P6062564
P6062564 posted by (C)オトジマ

P6062566
P6062566 posted by (C)オトジマ

氷心亭
P6062571
P6062571 posted by (C)オトジマ

P6062573
P6062573 posted by (C)オトジマ

氷心亭
P6062576
P6062576 posted by (C)オトジマ

氷心亭の脇から後園に抜けたところで一気に広がる視界が依水園一番のポイント。写真が暗いのが残念。
向こうの山は若草山でチラリと見える甍はなんと東大寺南大門なのである。今あの下では大喧騒が渦巻いている。
P6062574
P6062574 posted by (C)オトジマ

素晴らしい、の一語につきる。
P6062575
P6062575 posted by (C)オトジマ

庭内に流水が多い。
P6062579
P6062579 posted by (C)オトジマ

道も変化に富んでいて楽しい
P6062580
P6062580 posted by (C)オトジマ

P6062584
P6062584 posted by (C)オトジマ

P6062581 e
P6062581 e posted by (C)オトジマ

氷心亭を振り返る
P6062585
P6062585 posted by (C)オトジマ

P6062587
P6062587 posted by (C)オトジマ

苔が見事
P6062588
P6062588 posted by (C)オトジマ

竹の手すりが面白い
P6062591
P6062591 posted by (C)オトジマ

水車小屋
P6062593
P6062593 posted by (C)オトジマ

足腰の達者でない人は迂回路を回るよう指示があった。老人が飛び石を踏みはずしたら大変。
P6062600
P6062600 posted by (C)オトジマ

P6062602
P6062602 posted by (C)オトジマ

P6062601
P6062601 posted by (C)オトジマ

紅葉がキレイだろう
P6062604
P6062604 posted by (C)オトジマ

青空の日だったらもっと美しいだろう。
P6062595 e
P6062595 e posted by (C)オトジマ

どこぞの寺院の礎石らしいが、どこか忘れた。
P6062612
P6062612 posted by (C)オトジマ

何トンかありそうな巨石である。
P6062613
P6062613 posted by (C)オトジマ

最後に池を振り返って周回を終わる。手入れもバッチリ行き届いた素晴らしい庭園でした。
P6062614
P6062614 posted by (C)オトジマ

放置された散水用ビニールホースとかバックヤードのホーキとか見苦しい順路表示や案内看板とか、せっかくの庭園を台無しにするモノがないのが素晴らしい。ディズニーシーより気が回っている。奈良に行くなら東大寺より依水園ですよ!

依水園のホームページはコチラ

以下は反面教師の例

ホテルニューオータニ庭園の残念なビニールホース。
o-tani e
o-tani e posted by (C)オトジマ

大洲、臥龍山荘庭園の残念な看板。和風な場所には勘亭流を使う、というあきれたセンスはいたるところでお目にかかる。普通の明朝体の方がよっぽどマシ。それよりこんなものないほうがまだマシ。看板は必要悪なんだから最小限の大きさと数でお願いします!品格ある施設のデザインはやはり専門のデザイナーに依頼したほうがいい。町の看板屋の多くはセンスがないので品格が台無しになることが多い。
garyuen e
garyuen e posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR