飫肥 武家屋敷

一週間雨に降り込められたが、日曜日、晴れ間も見えるので思いつきで日南に出かけた。日向から高速に乗ると田野~大戸野越経由で飫肥城に2時間かからずに着いた。少し前から考えると驚異的。東九州道の清武~日南間が出来れば1時間半になるだろう。

飫肥城や予豫章館などは以前に見たのでパス。今回は一切入場料ナシで見物。
P6213052
P6213052 posted by (C)オトジマ

日曜日だからか、飫肥が知られてきたのか観光客が多い。アジア系の観光客も見える。
P6213048
P6213048 posted by (C)オトジマ

振徳堂方面へ
P6213053
P6213053 posted by (C)オトジマ

飫肥は石垣が見事だ。城ではなく一般の武家屋敷に残る石垣が実に精緻。
P6213054
P6213054 posted by (C)オトジマ

小村寿太郎生家の石垣
P6213060
P6213060 posted by (C)オトジマ

古代インカの超絶的技術には及ばないが、人力とノミでこれが出来るのは驚異。
P6213094
P6213094 posted by (C)オトジマ

P6213142
P6213142 posted by (C)オトジマ

P6213091
P6213091 posted by (C)オトジマ

こちらは振徳堂の乱雑な積み。これはこれで味がある。
P6213103
P6213103 posted by (C)オトジマ

苔の生えた石とそうでないのとの対比がいい。
P6213101
P6213101 posted by (C)オトジマ

P6213065
P6213065 posted by (C)オトジマ

服部邸というのがある。料亭として使われている。「服部膳」という定食がある。玄関の靴を見るとお客さんがよく入っている。
P6213066
P6213066 posted by (C)オトジマ

昔からの森林王らしい。飫肥は飫肥杉で有名だ。武家というより商家。
P6213069
P6213069 posted by (C)オトジマ

勝手口を見るとなんだか昔懐かしい造りだ。江戸時代ではない。大正以降か。
P6213070
P6213070 posted by (C)オトジマ

レンガ煙突が懐かしい。屋根の突起は換気口かケムリ出しか。
P6213071
P6213071 posted by (C)オトジマ

P6213072
P6213072 posted by (C)オトジマ

映画撮影に使われたという武家屋敷。屋根は破れボロボロ。早く補修しないともったいない。
P6213075
P6213075 posted by (C)オトジマ

旧伊東伝左衛門家。 入場料無料。
P6213076
P6213076 posted by (C)オトジマ

武家屋敷は質素である。
P6213080
P6213080 posted by (C)オトジマ

P6213081
P6213081 posted by (C)オトジマ

P6213082
P6213082 posted by (C)オトジマ

振徳堂の長屋門
P6213089
P6213089 posted by (C)オトジマ

振徳堂は旧藩時代の藩校である。
P6213095
P6213095 posted by (C)オトジマ

子ども達が勉強してたのかな・・・
P6213096
P6213096 posted by (C)オトジマ

P6213109
P6213109 posted by (C)オトジマ

小村寿太郎生家。質素な家で、おまけに修復されていて映画のセットのようだ。
P6213129
P6213129 posted by (C)オトジマ

小村寿太郎生家の隣に民家カフェがある。ちょうど昼時なのでここでランチ。庭にテーブルがしつらえてある。夜桜の時の電球がまだぶら下がっている。
P6213120
P6213120 posted by (C)オトジマ

下の道を人力車が行く。第3f日曜にはボランディアの車夫が出て無料サービスだとか。こないだローカル局の番組で紹介されていた地元でALTをしている外人青年が引いている。流暢な日本語で立派に武家屋敷の観光案内も語る。
P6213132
P6213132 posted by (C)オトジマ

「人力車無料サービス」の看板を見かけたので客待ちの車夫さんに「無料ですね?」と言うと、すごい剣幕で「世の中にタダのものはないよ」と言われた。どうなってるんだ?どうやら人力車には営利事業で有料なものと、ボランティアで無料の両方があるようだ。共存できてるんかいな?

小村記念館のヒギリ
P6213137
P6213137 posted by (C)オトジマ

前回来たときは静寂の中にあった武家屋敷街だったが、今回は観光客が多そうで同慶の至り。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR