万田坑

息子のいる久留米に行く途中で荒尾に寄り、世界遺産になった万田坑を見てみた。つい今月になってユネスコの世界遺産に認定されたばかりだから誰もいないだろう、と思っていたら大間違い。広い駐車場はほぼ満車で交通整理員が何人も出ている。「世界遺産」のノボリ旗が随所にはためく。「世界遺産」のブランドは絶大だ。P7193451
P7193451 posted by (C)オトジマ

炎天下の木陰でガイドの説明を聞く観光客。ガイドは元炭坑夫だった人たちのようだ。とても詳しい。
P7193455
P7193455 posted by (C)オトジマ

全くの廃墟である。明治の産業遺産というが1997年閉山だからそう大昔の感じはしない。
P7193460
P7193460 posted by (C)オトジマ

この立坑の鉄塔が坑口を象徴する施設。三池炭坑というのは大牟田・荒尾両市にわたって広がり、いくつかの坑口があった。三川坑、宮原坑 、四山坑、有明坑、万田坑などである。このうち万田坑は明治期に開かれたので明治の産業遺産となっている。
P7193462
P7193462 posted by (C)オトジマ

P7193459
P7193459 posted by (C)オトジマ

単なる古い工場跡にしか見えないし、今残っている建屋はごくわずかなのでガイドの説明を聞けば多少は時間がかかるが、ザッと見るだけなら5分もかからない。よほど炭坑に思い入れがあるか、産業史に関心があるか、あるいは遺跡マニアでないと興味が持てないような物件ではある。今後行かれる方はそのつもりで行かないと失望する可能性がある。
P7193464
P7193464 posted by (C)オトジマ

P7193463
P7193463 posted by (C)オトジマ

P7193465
P7193465 posted by (C)オトジマ

P7193467
P7193467 posted by (C)オトジマ

P7193468
P7193468 posted by (C)オトジマ

三池炭坑には各坑と三池港、国鉄と連絡する炭坑鉄道があった。おそらくそのトンネル跡。
P7193469
P7193469 posted by (C)オトジマ

竪坑入り口。
P7193470
P7193470 posted by (C)オトジマ

炭車
P7193471
P7193471 posted by (C)オトジマ

人車。ここは斜坑はなく竪坑なので坑夫は人車もろともエレベーター
に釣られて地下数百メートルまで垂直に降りた。この1両に25人乗ったという。ギュウ詰めだったらしい。
P7193472
P7193472 posted by (C)オトジマp

竪坑は2台のエレベータが天秤になっていた。昔のツルベと同じ。興味深いのは箱が上下するガイドは木製角材であること。今は切断されて一部が見えている。数百メートル規模だから超高層ビルのエレベータみたいなもの。それがナゼに木製か?炭坑は常に可燃性ガスが発生するので極端に火気を嫌う。鉄製のガイドだと金属の箱との接触で火花が散るからまずいそうだ。
P7193476
P7193476 posted by (C)オトジマ

歴史に名高い三池炭坑炭塵爆発事故も火花が原因-----ウィキペディアによれば-------
坑内で用いられていた石炭を満載したトロッコの連結が外れて火花を出しながら脱線、暴走し これにより大量の炭塵がトロッコから坑内に蔓延した。この炭塵に引火爆発したのが原因である---------

P7193481
P7193481 posted by (C)オトジマ

地下深くに伸びる竪坑は土を投入して塞がれている。国の石炭政策によって閉山する時に再開できないように埋めたとか。
閉山時、トンあたり14000円の炭価であったが当時オーストラリアの露天掘り石炭がトン当たり4000円だったとか。
P7193477
P7193477 posted by (C)オトジマ

P7193478
P7193478 posted by (C)オトジマ

昨日まで稼動してたかのようだ。
P7193479
P7193479 posted by (C)オトジマ

P7193480
P7193480 posted by (C)オトジマ

浴場跡もそのまま
P7193482
P7193482 posted by (C)オトジマ

浴室の窓。レンガがなかなかいい。
P7193483
P7193483 posted by (C)オトジマ

赤レンガに和瓦の組み合わせがいい。
P7193484
P7193484 posted by (C)オトジマ

世界遺産になってあわてて草刈をしたとか言っていたが、草ボウボウのところも残る。
P7193485
P7193485 posted by (C)オトジマ

石炭資料館にあった写真。四山坑の巨大な竪坑櫓。これが残っていれば集客力があったろうが、廃棄された。
P7193486
P7193486 posted by (C)オトジマ

昨日まで使っていたかのようなヘルメットと電池。
P7193491
P7193491 posted by (C)オトジマ

かつての盛時。線路の数がすごい。
image03.jpg

うーーん。坑内に入るとかもっと炭坑体験ができないものだろうか。









コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

夫の母親の実家が荒尾にあるので小さいころから慣れ親しんだところでもあり、万田坑も何回か訪れているようです。

このブログを見た夫の言葉ですが・・・・・・・・「世界遺産としては物足りないけれど、炭鉱に思い入れのある人にとってはぜひとも残してほしい施設だと思う。大牟田の石炭産業科学館を移設すれば相乗効果が期待できると思う」

私も何回か荒尾には行きましたが特に目立った産業や観光があるわけでなく(土々呂とあまり変わらないような)駅前も閑散としていましたが今後は賑やかになりそうですね。




mikoさんへ

いえいえ荒尾はなかなかいい所ですよ。もう一度行きたいくらい。隣の玉名市と比べると見所いっぱい。宮崎兄弟生家もあるし面白そうな寺院もいくつもあるし、若者向けにはグリーンランドもあるし・・・・・。引き続き荒尾のレポートしますので請うご期待。

No title

荒尾(その周辺)レポ、待っています。
そのうち万田抗とあわせてまち歩きに行ってみたいです。

じなしさんへ

見たのはごく一部です。しかるべく下調べして行ったほうが効率よく回れそうです。私はいつもほとんど予習ナシで行くのではなはだ効率が悪く、見残したところばかり。しかも行った後で興味が湧くんですよね。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR