荒尾 宮崎兄弟

万田坑から遠からぬ所に「岩本橋」がある。肥後や豊後に多い石橋である。
P7193440
P7193440 posted by (C)オトジマ

荒尾市の名所の一つになっているので、とりあえず寄ってみたがいささか地味な名所である。
P7193449
P7193449 posted by (C)オトジマ

江戸時代の最後の年、1868年に完成しているからおよそ150年前。とんでもなく古い訳ではない。
P7193442
P7193442 posted by (C)オトジマ

現在は使用されていない。橋の入り口には車止めがあり、そもそもこの橋は川の中洲までしか行けない。
P7193443
P7193443 posted by (C)オトジマ

P7193445
P7193445 posted by (C)オトジマ

橋の周囲の民家の石垣の立派なこと。肥後石工の伝統か。
P7193448e
P7193448e posted by (C)オトジマ

P7193447
P7193447 posted by (C)オトジマ

荒尾の名所のもう一つは宮崎兄弟生家。
P7193494
P7193494 posted by (C)オトジマ

宮崎兄弟とは明治期の社会運動家、宮崎滔天の兄弟である。
P7193493
P7193493 posted by (C)オトジマ

宮崎滔天(虎蔵)は有名であるが、虎蔵には何人か兄弟がいて虎蔵が末子である。上の兄弟の宮崎八郎、民蔵、彌蔵を含めた4兄弟を顕彰する記念館になっている。それぞれに幕末から明治の動乱に参加して苛烈な人生を送った。

中国人観光客向けの看板。宮崎滔天は孫文と辛亥革命を支援したことで有名だ。革命以前に孫文はこの家に宿泊したという。当時、清国は危険分子である孫文の首に2万円の賞金をつけたとか。滔天は運動に明け暮れて貧乏であったが妻は遠来の客孫文をもてなすためにいろいろと料理をしたとか。過日も書いたように、1911年に辛亥革命が成就すると孫文は恩人の宮崎滔天に会いに再び荒尾に来た。中華民国大総統となった孫文はその時は大牟田の三井港倶楽部に宿泊した。
P7193495
P7193495 posted by (C)オトジマ

残念ながら生家は修理中で立ち入れなかった。
P7193497
P7193497 posted by (C)オトジマ

向こうの門が本来の門。
P7193499
P7193499 posted by (C)オトジマ

宮崎家は細川藩の郷士にすぎなかったので特に豪邸でもなんでもない。
P7193501
P7193501 posted by (C)オトジマ

P7193503
P7193503 posted by (C)オトジマ

立派な蔵がある。実は昔のものではなく記念館として新築されたもの。内部が展示室となっている。宮崎兄弟関連の品物や文書が多く展示されている。撮影禁止なので全然写真がないのが残念。万田坑ではガイドの方が「ドンドン写真を撮ってブログに書いて下さい」と言っていたのと対照的。
P7193502
P7193502 posted by (C)オトジマ

中で宮崎兄弟に関するビデオを見た。30分かかるがガイドの説明よりよほど要領を得てなかなか勉強になった。
P7193496
P7193496 posted by (C)オトジマ

去年の大ヒットNHK朝ドラ「花子とアン」は影の薄い主人公より、脇役の柳原白蓮と伊藤伝右衛門の方に注目が集まった。白蓮が不倫の末に駆け落ちする年下の恋人、宮崎龍介もこのドラマですっかり有名になったが、この龍介は滔天の長男であり、この家で生まれている。だから今の観光客には滔天よりも龍介と白蓮の方がずっとアピールする。朝ドラに便乗した龍介・白蓮関連の大きな展示スペースが設けられていた。面白い写真もあったが残念ながら撮れなかった。
Miyazaki_Ryūsuke
Miyazaki_Ryūsuke posted by (C)オトジマ

面白いことに滔天の正業は実は浪曲師であった。飯塚で公演したときには伊藤伝右衛門に会ってご祝儀をもらっていた。その後息子が日本中をにぎわす渦中の人となったとき、さすがの滔天もビビッて龍介に「お前、大丈夫なのか?」と案じたとか。豪傑の家系である。滔天の母は「男子たるもの畳の上で死んではならぬ」と息子達に諭した。親がそういうからと言って小心者には革命や反政府活動に身を投じるなんてそうできるもんではない。やはりDNAのなせるワザか。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR